宅建の収入や年収

宅建の収入や年収

宅建主任者を目指している方の中には、今現在自分自身が貰っている給与に資格手当を可算する事を目論み頑張っている方が意外と少なくはない様です。これは勤める企業によって資格手当の基準は差が出てしまいうので、5,000円程度の所もある一方で50,000円という場合もあり得ます。それから、企業によっては合格を成し得た方に一時金を支給している所もあり、初心者でも意外と簡単に取り組みやすい内容も手伝って受験者数が増えていると言えます。

 

また宅建主任者の初任給を調べてみると、大体20万円〜27万円程度(採用の多い不動産業の初任給の場合)となっているのが分かります。これを年収に換算してみると、大体のケースで500万円〜700万円台が殆んどと言っても良いでしょう。資格取得によって得られる手当の存在は非常に大きく、宅建資格に合格するかしないかで昇給速度にも差が出てくる企業も中にはあるので、魅力溢れる資格だと言っても過言ではないでしょう。

 

また年収計算でいくと、企業自体の規模によって大きく異なるので、1,000万円の大台を突破する事も不可能ではなくなっています。合格率15%と決して高い数字ではなく、容易く資格取得が達成出来る資格ではありませんが、数ある国家資格試験の中では比較的合格を手繰り寄せる事が出来る資格とも言えるので、スキルアップや確実な給料アップを望むのであれば、大いにチャレンジする価値はあると言えます。

 

それから不動産以外の企業で働く場合においても、宅建資格を取得する事によって、今現在勤めている企業に比べてより自分の求める条件に適した企業への転職が行いやすくなると言えます。また将来的ビジョンを持ち、独立を果たし開業したいという夢を糧に試験勉強に精を出している方も少なくありません。この様な現象は、宅建がその他の資格取得に関連性があり繋がりやすい特質によるもので、宅建主任者の方は資格取得後に色々な資格にチャレンジし実際数多くの資格を所持している方も多い様です。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告