宅建の勤務時間

宅建の勤務時間

宅建主任者の資格を所持しているからという理由で、何か特別な勤務体系に組み込まれる事はない事を理解しておきましょう。求人情報などを見てみると良く分かりますが、不動産を取り扱う業者の勤務時間と同じだと考えて良いでしょう。また宅建主任者というのは、専任とそうではない方とで勤務時間に差があるので気を付ける必要があります。宅建の有資格者で『専任』が意味している事とは、法律で定められている最低限の主任者に対して使用される用語になり、専属でその企業で働いている扱いと見なされるので、パートタイム勤務の様な仕事の仕方は認められず、常駐していなければなりません。

 

しかしながら、専任でない場合の宅建主任者のケースでは、極論を言ってしまえば、主任者しか受け持つ事が出来ない様な事務が必要となった場合のみに居れば事足りるので、パートタイマーと同じ様な感覚で働いている宅建主任者もいる様です。それから宅建主任者の資格を所持している方が仕事をする環境として、宅建業務をより頻繁に行っている不動産を取り扱っている企業ではなくて、それ以外の企業に勤めているケースでは、主任者としての事務を行うケースは少ないと言っても良いでしょう。

 

また当然の事になりますが、不動産管理が欠かせない銀行や保険会社そして証券会社、それに不動産を沢山所持している企業の場合では宅建主任者は欠かせずに必要となります。その様な場合においても、勤務時間としてはその企業が定める時間体制になるので、通常業務の範囲内になると考えて良いでしょう。大抵の企業が9時〜17時勤務となっている様です。

 

しかし、宅建資格者の業務というのは季節によってどうしても違いが出てくるものなので、多忙な時期の場合では残業も勿論こなさなければなりません。例を挙げると、宅建業者においては、引っ越しシーズン到来前の、賃貸契約が沢山起こる様な時期では、顧客に対して重要事項をきちんと分かりやすく説明するなどと言った宅建資格取得者としての仕事が多くなるでしょう。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告