宅建の意義や重要性

宅建の意義や重要性

もし世の中に宅建資格取得者が一人もいない場合にはどうなってしまうのかを想像してみましょう。法律に照らし合わせた公正な判断を不動産取引を行う際にしてくれる宅建資格取得者がいなければ、消費者は誰からも守られずに業者の言いなりになってしまうでしょう。不動産に関する知識を持ち合わせていない一般の方に対して、誰も説明を行わずに、法律に沿っているかどうかも判断出来なくなってしまいます。例えお客様に不利な内容の契約書であったとしても、法律の知識をきちんと身に付けている宅建資格取得者でなければ説明も曖昧でしょうし、指摘もされないでしょう。

 

正直な話、分からず終いで、宅建業者の言い分を鵜呑みにし、契約を終えてしまうしか道はなくなってしまうでしょう。その様最悪の事態に陥らない様に、不動産の法律に関するスペシャリストそして正義の番人として宅建主任者の存在は欠かせずに重要なのです。

 

契約に関する重要事項についての説明が不十分で終わってしまうと、後々面倒くさいトラブルに発展してしまうケースも否めません。そんな最悪な事態に陥らない為にも、宅建主任者による事細かな説明をしっかりと受けて納得した上で契約を終える事が肝心になります。また法律によって宅建業者に宅建有資格者の配置人数がしっかりと定められているのは、不利がなく公平な不動産取引を行う上で欠かす事の出来ない重要な人材に当たるからになります。

 

それから宅建業者に限らずに、一般の企業においても有資格者が重要視されている理由としては、宅建の資格試験科目が民法の広い範囲をカバーしているからによるでしょう。沢山ある法律系の資格試験において、登竜門的な位置付けになっている事実も、よく分かります。また不動産取引に関係している宅建業法だけに留まらずに、一般的に起こるであろう遺書や相続の問題なども試験範囲に組み込まれていますし、時効や債権債務など非常に試験範囲が多岐に渡り複雑なので、宅建の勉強をして知識を身に付けた方に対する期待は自ずと大きくなるのも頷けますね。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告