宅建の職場

宅建の職場

宅建資格を見事取得した上で、宅建主任者となり職に就き働く場合に、一体どの様な環境で仕事をする事になるのでしょうか。宅建業務だけの仕事を考えると、不動産の賃貸や売買に始まり、それらに加えて交換の代理や媒介などの業務を中心として密接に係わっていく事になります。資格取得者に求められる能力としては、対人関係をより円滑に持っていける能力や専門知識を応用する形で仕事に活用していく事になります。

 

宅建業者がおかれている現状としては、不動産の契約だけをただこなすだけでなくて、マンションなどの管理業務も受け持って行っている会社が多いので、宅建の資格にプラスアルファとしてマンション管理士やファイナンシャルプランナー等の資格所持を望まれるケースも増えてきています。それなので、宅建の資格単体所持ではなくて、その他の資格と合わせて所持しているケースが多いのが事実としてあります。宅建業務者以外の企業に勤めている方でも資格を所持している方は少なくなくて、どの様な企業においても活躍が期待出来るシチュエーションは存在しています。

 

また、建設業や金融業だけではなくて、保険関連の企業においても担保として不動産を取り扱うケースが多いので、宅建の資格所持を大いに役立てる事が出来ます。それ以外の一般企業の場合を考えると、大抵の場合総務部で働き活躍するケースが宅建資格取得者に多いと言われています。宅建と同じ様に法律関連の登竜門として捉えられている行政書士の資格所持者も多く、どちらの場合双方とも法律に関する専門知識を活用出来る仕事で力を発揮出来るでしょう。

 

また、宅建業者以外の一般企業に勤める形を選択する場合には、特に事務職に就き働くケースが大抵になるので、パソコンのスキルアップも欠かせずに必要となります。それから、一般企業に籍をおくケースでは、宅建の資格試験をパスした後に、登録しなくてもその企業で活躍する事が可能になるので、資格登録に必要となる講習を受けなくても何ら問題は生じません。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告