宅建資格の取得方法

宅建資格の取得方法

宅建主任者になる為には毎年実施されている資格試験に合格しなければその道に進めません。毎年10月の第3日曜日に日本全国で一斉に試験が実施されますが、毎年1回しか実施されないので気を付けましょう。その年毎に合格点は変わっていきますが、大体7割程度の点数を記録出来れば、合格する事が可能だとされています。試験日から大体一カ月後に合格が発表され、見事合格した方が資格登録を行える様になります。

 

それから宅建資格試験を受験する方は、何も宅建業務に係わる方だけでなくて、全然関係のない業種の方や仕事をしていない学生や主婦の方も沢山いて様々です。宅地または建物取引に従事して2年以上の実務経験を積んでいる方で、なお且つ民法における欠落事由に該当しなければ、宅地建物取引主任者登録簿に登録する事が可能になります。該当する方は、登録を行った都道府県知事に宅建主任者証の交付を申請してきちんと交付されれば、宅建主任者として働く事が可能になります。

 

また2年間の実務経験が伴わない方の場合では、それと同等の知識が欠かせないので、約一カ月に及ぶ通信教育と2日間のスクーリング授業を受講しなければならず、スクーリングの最後に実施される登録実務講習修了試験をパスしなければ資格取得が認められません。この通信教育とスクーリングを受ける為には費用(20,000円台)が必要となっていて、受ける機関によって違いは生じますが、『国土交通大臣登録実務講習実施機関』でしが実施されない事になっているので、どこを選択しようとも問題はないので安心しましょう。この登録実務講習を無事終えた方は、実務経験が2年以上ある方と一緒の待遇になります。

 

どちらの方法を選んだとしても、宅建の試験合格から1年以上経過してしまったケースの方は、主任者証の交付申請前に法的講習を必ず受講する必要があります。また資格登録の申請を行ってから宅建主任者証の交付まで二カ月程度要するケースもあります。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告