宅建の取得期間の目安

宅建の取得期間の目安

宅建の資格試験に見事合格して資格を取得する為には、一体どの程度の期間が必要となっているのでしょうか。宅建の資格試験の場合では、例え試験に合格したとしても合格証を手に入れるまでで終わりにしてしまうケースと、宅建主任者証の交付を成し遂げるまで続ける方の2種類があります。宅建主任者としての資格が仕事をしていく上で必要となる宅建業者に勤めるケースでは交付を受けますが、全然関係のない業界で働いている方や、学生や主婦の場合では交付まで続ける方はそうはいません。

 

では、まず最初に宅建試験の合格に漕ぎ付ける為には一体どの程度の勉強期間を設ければいいのでしょうか。独学での勉強を選択する場合には通信教育や学校に通う方と比べた場合にどうしても長期間になってしまうのは否めません。宅建試験の申し込みがスタートするのは7月に入ってからになりますが、そのずっと以前から資格取得者は日々勉強を重ねてきている様です。資格試験を突破した合格者の方に話を聞いてみると、10カ月〜半年程度の勉強期間を経てる方が大抵の様です。中には2〜3カ月の勉強で資格取得を成し得た方もいますが、この様なケースは稀でそうはいないと考えて良いでしょう。

 

しかしながら、通信教育を実施している所を見てみると、半年間とコースを設定している所が殆んどで、スクーリングもこれと同様の形が大半になるので、大体必要期間としては半年と見るのが無難と言えるでしょう。ただ半年だとしも、これは元々法律に少なからず知識がある方の話と言っても良いのかも知れません。法律関係の問題は読むだけでもややこしく、難しい用語が頻繁に現れてくるので、自分自身にマッチした解説集などを持っていないと合格するのは非常に困難を極めると言わざるを得ないでしょう。

 

宅建の資格取得を目指そうと考えている方は、一回問題集やテキストを読んでみる事をお勧めします。その時抱く印象によっては、半年ではなくて年単位でじっくりと基礎から取り組み勉強した方が良い場合もありえます。法律関係に疎く知識が曖昧な方は、スクーリングを充分に活用して、苦手分野の克服と基礎の構築に費やすのも一つの手でしょう。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告