宅建資格取得者の傾向

宅建資格取得者の傾向

宅建は民間資格でなくて所謂国家資格になりますが、法律の登竜門として認識されている様に、法律を身に付け様と勉強している方がまず最初に臨む試験である場合が多い様です。また宅地建物取引主任者と言う正式名称から連想して、不動産業だけで重要となる資格試験の様に認識している方も少なくはない様ですが、実際の所はそんな決まりは一切ありません。

 

不動産業に一切係わり合いがない様な業種の企業だとしても、宅建の資格所持者が活躍出来るフィールドは非常に多い事から、年々受験者数も増加の道を歩んでいます。宅建資格の受験者数の詳細を見てみると、宅建資格が仕事上必要となる不動産業・建設関係・金融関係の業種で仕事をしている方が半分の5割を占めています。

 

しかしながら、この事実が意味しているのは、その一方で残りの5割の受験者というのは、宅建業務と全く関係のない方達が資格取得を目指している事になります。この5割の内訳を見てみると、学生の方が10%程度で、主婦の方が一番少なく5%程度となり、他業種からの挑戦者が22%強となっていて、受験者は幅広く多岐に渡っています。合格ラインとしては各年の試験問題の難易度によって変動しますが、大体70%の正解率を取れば合格範囲になると言われています。しかし、近年の合格点を見た場合には、70%に達しないケースが大抵な程、問題が非常に難しくなっています。

 

それから宅建試験において合否を分けるラインとしては、『宅地建物取引業務法』と『法令上の制限』に関する問題の正解率で、ここの点数を取れるかどうかが鍵になる様です。特に宅地建物取引業務方に関して言うと、非常に取り組みやすいと言う事で油断しがちな科目になっているので、本気で資格取得を達成したいと考えている方の場合は、点の取りこぼしをしない様にしっかりと受験対策を立てる事が欠かせません。事前に合格者と不合格者の傾向をチェックして、資格取得を達成する為の効率の良い勉強法を確立していきましょう。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告