宅建の試験概要

宅建の試験概要

宅建資格試験の合格率は低く15%程度と難しい試験となっています。試験の概要はと言うと、マークシート方式を採用していて、問題数は50問となっています。宅建の資格試験の科目は沢山あり、それらを簡潔に表現した場合には『土地・建物』『権利関係』『宅地建物取引業法』『法令上の制限』『需給・実務』『価格評定』『税法・その他』となっている模様です。

 

また平成21年度の宅建資格試験から、宅建業法の出題範囲が以前よりも確実に広められているので、きちんとチェックして対策をしておきましょう。それから、平成22年度の資格試験より『特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律』が宅建業法の県警法令として出題範囲にプラスされているので、注意が必要です。

 

以上の様に、宅建の資格試験の内容は、年を追うごとに変化している可能性が多々ありえるので、いつまでも昔のテキストで勉強をするのは得策ではないので止める様にしましょう。最新の出題範囲に絞られたもので勉強する事によって、資格試験合格が現実味を帯びてきます。また出題数も科目ごとに違いがあり、『土地・建物』に関しての問いは2問で、『権利関係』の問題は4問、『宅建業法』は一番多く20問、『法令化の制限』に関しては2番目に多く8問、『需給・実務』の場合は3問、『価格評定』の問題は1問だけで、『税法・その他』は2問で構成されています。この出題の割合を理解すれば、宅建の資格試験対策を講じるのも少しは楽になるでしょう。

 

また、試験内容に新たにプラスされた点や、変更になったポイントなどを事前にチェックし重点的に勉強しておく必要があります。それから、資格試験合格者の得点傾向や、不合格者の傾向などはインターネットを活用すれば容易く情報を仕入れる事が出来るので、自分が勉強していく上で不合格者の傾向に嵌ってしまわない様に、チェックと確認を怠らずに勉強を重ねていきましょう。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告