宅建の試験勉強を独学で

宅建の試験勉強を独学で

難関国家試験である所の宅建資格試験を独学で成し得ようと努力している方がいます。独学で資格取得を目指す方の大抵が、大学の法学部を卒業し、ある程度法律に関する知識を有している方だと言えます。そうでない方が独学で宅建資格取得まで達成するまで、試験内容をきちんと理解するのは非常に困難だと言わざるを得ません。

 

これは、例えば試験科目の一つとして発表されている物を例に挙げると、『土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する事』と言った具合で、言い回しが回りくどく非常に難しいと言えます。何の事を言っているのかを瞬時に理解出来る方は非常に少ないと言っても問題はないでしょう。

 

法律問題と言うのは、自分自身の言葉に置き換えて説明するまで理解を深めるのが非常に難しいと言えます。それが過去の学習において既に身に付いている方の場合では、自分自身にマッチしたテキストを徹底的に繰り返し解く事で合格まで辿りつける事が可能でしょう。独学を貫いて宅建資格試験にチャレンジする場合には、1冊のテキストを完璧完全にクリアして、自分のものにしておく事が不可欠だと言えます。テキストというのは、人それぞれ相性というものが存在するので、書店で実際に開いてみて自身の感覚に合うものを選ぶ様にしましょう。

 

それから、過去問題集は欠かさずに絶対に解いておかなければなりません。宅建の資格試験の過去問題集を解いていくと、例え表現方法は異なったとしても同じ様な問題が出題されているのが良く分かります。試験前に10年分は解いておいた方が無難だと良く言われていますが、その時に変更になった点や追加されたポイントのチェックを怠らない様に心掛けましょう。間違ったまんま記憶してしまったら意味がなくなってしまいますからね。また独学で勉強を進めていく場合には、長期間モチベーションを維持する事が困難に陥ってしまうケースがありえます。自分なりの勉強方法を確立し、10月の試験日に合わせた計画を立て、程良い緊張感を維持しながら試験日を迎えましょう。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告