宅建 資格GUIDE

宅建の魅力

宅建とは所謂略語になり、正式名称としては『宅地建物取引主任者』となっています。それなりに長い人生を歩んでいる方で、宅建主任者にお世話になった事が一回もないと言う様な方は少数になるでしょう。宅建主任者が受け持つ仕事としては、不動産関連の売買契約や賃貸契約などがあり、これを行う際には欠かす事の出来ない人材なので、宅建業者には必ず居なければならない大事な存在になります。宅地建物取引業を行っていく為には、各事業所には絶対1人は置いておかなければならない仕組みになっていますし、5人に1人の資格取得者を雇わなければならない事が制定されているので、宅建の資格取得者は就職や転職をする際に有利に働く大きな武器となるでしょう。

 

また宅建という資格は、不動産業者でしか能力を発揮する事が出来ない様な代物ではありません。不動産の管理に係わっている多くの企業などで求められている資格になります。民間資格でなくて国家資格であるのに、普段の日常生活にリンクしている内容が多々あるので、資格取得を目指している方が様々で多岐に割っているのも特徴として挙げる事が出来ます。

 

就職する為に宅建の資格取得を目標に掲げる方がいる一方で、自分自身の不動産契約を円滑に進める為に、勉強をスタートさせる方がいるほど取り組みやさが売りの資格になっています。この資格は元々は、不動産取引を行うに当たって、消費者が損をして不利にならない様に守る事から整備されたものになるので、勉強して知識を身に付ける事は決して損になる様な事ではありません。

 

また専門色が強い国家試験の中において、あまり事情を知らない初心者の方でも意外と取り組やすい資格試験と言われているのも魅力の一つとして挙げられ、毎年かなり多くの方々が受験して資格取得に挑んでいます。毎年25万人前後と受験者数はかなり多く、合格者は大体15%程度になり、年々合格するのが難しくなってきている資格試験になります。この試験は50点満点で35点程度が合格ラインの基準となっているので、7割強の点数獲得を目標として日々勉強していくのが良いと思われます。


資格の大原 宅建主任者講座


アドセンス広告